島村楽器 イオンモール長久手店 シマブロ

島村楽器 イオンモール長久手店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【すずきの きょうのながくてvol.1 ピアノ編】アップライトピアノのアクションってどうなってるんだ~!?の件

皆さん、おはこんにちは!
島村楽器長久手店の鈴木(すずき)です。

普段は長久手店のホームページでピアノやウクレレのホームページを更新していますが、この度ブログにも進出~!
連載を通してホームページよりも少し(かなり?)フランクに、長久手店であった色々をご紹介していこうと思います!

今回のテーマはこちら!

アップライトピアノの仕組みってどうなってるんだ~!?

アップライトピアノとは……ずばり写真のこういうタイプのピアノのこと。

f:id:shima_c_nagakute:20171026200944j:plain
グランドピアノを一般家庭などでも置けるように、仕組みを省スペースにしたものです。
最近は電子ピアノもかなり進化が進んでいますが、やっぱり生のアコースティックピアノは音が綺麗で表情豊かです!!

さて、なぜ今回このアップライトピアノの仕組みをフィーチャーしたかといいますと、今回お店にこんなものが届いたからなのです。
f:id:shima_c_nagakute:20171026201829j:plain
えのき茸……?
そろそろ鍋の季節が近づいてますね…私はぶたしゃぶが好きです…。

あっ、勿論中身はえのき茸ではなく、
f:id:shima_c_nagakute:20171026202123p:plain
ジャジャーン!!!
アップライトピアノのアクション見本です~!!

アクションとは、鍵盤を打つとポ~ンと音が鳴る仕組みのこと。
ピアノのあの音色を出すために、こんなにも複雑な仕組みがピアノの中には入っているのです!
この仕組みが入っているから、鍵盤を押している間だけ音が伸び、連打をしても音が途切れずに鳴ってくれるのです。

重い鍵盤が良いってどういうこと?

ピアノ選びの場でよく聞くワード「重い鍵盤が良いって聞いたんですけど…」という由来もこの複雑なアクションが関係しています。
実はアコースティックピアノの鍵盤は弾く強さやペダルを踏んでいるかどうかで微妙に鍵盤の重さが変わっています!
なんでかを説明しだすと長くなっちゃうので割愛しますが(興味ある方は是非店頭で鈴木を捕まえて聞いて下さい)ピアノの微妙なタッチ感というのはこのアクションがあるからこそ。
YAMAHAさんのAvantGrand(アコースティックピアノのアクションを電子ピアノにそのまま入れちゃったシリーズ)などのハイブリットピアノが生まれたのはそういう理由からなのかな~?とかぼんやり…。

ちなみにピアノの鍵盤の重さは、鍵盤そのものの重さだけではなくて、ピアノ自体の音や強弱の出方によっても感じ方が違うので一概に鍵盤の物理的な重さだけの話というわけでもありません。特に電子ピアノは!!
実際に電子ピアノの音色を変えると、鍵盤が変わったわけでもないのにタッチ感も変わった感覚がするんですよ。

じゃあどのピアノがいいんだ~!?という声が聞こえてきそうですが、それは弾きたい曲や好きな音、ご予算や環境、誰が弾くのかなどなど…によって大きく変わります。そこがピアノ選びの奥深いところ。
私個人的には演奏が楽しくなるピアノが一番だと思っています!迷ったら是非一度ご相談ください!

ピアノの大展示会開催します!

www.shimamura.co.jp
今回話の発端となったピアノアクション、実は今度の11月3日(金祝)~5日(日)の3日間で行うピアノ展示会の為にお願いしたものなのでした。
アップライトピアノは10台以上!電子ピアノもお買い得品から話題の新製品(今後このブログでご紹介していきます!)も含めピアノづくしの3日間になります!勿論鈴木も3日間ともいますよ~!
ピアノに興味ある方ならきっと楽しい3日間、ぜひぜひ実際に見て、弾いて、楽しんでくださいね!

日程 2017年11月3日(金・祝)~11月5日(日)
会場 電子ピアノ:島村楽器イオンモール長久手店 店内特設会場
アコースティックピアノイオンモール長久手4F 特設会場
この記事の投稿スタッフ

f:id:shima_c_nagakute:20170816161529p:plain

投稿者 鈴木(すずき)
商品担当 ウクレレ アコースティックギター ピアノ
Profile 中学2年生からギターを始め、それ以降学生時代はライブに行ってはモッシュピットへ飛び込むロック畑の住民で、ピアノは憧れのまた憧れ(習わせてもらえなかったのです)だったのですが…大人になってからピアノを始めその奥深さと楽しさに日々発見の毎日、ついにピアノを担当させてもらえることになりました。勿論商品担当以外の管楽器やエレキギター、デジタルも守備範囲です。あんなこといいな、できたらいいなを叶えるべく日々奮闘中です!
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.